パラメータのバフ・デバフによるダメージ増減率

バフ・デバフ.png

概要

アタックホップ・ウォールブレイクなどパラメータが増減するバフ・デバフ系スキルと、実際のダメージ増減率についてまとめています。

バフ・デバフとダメージ増減率の関係は、元のパラメータの数値を問わず、一定の増減率となります。

バフ・デバフを併用した場合、計算式の通り乗算で効果が増加します。
例:アタックホップとウォールブレイクを同時に使った場合
1.56倍 * 1.07倍 = 1.66倍

※ダメージ計算式は以下ページを参照
 →ダメージ計算式

ダメージ増減率

攻撃/魔攻バフによるダメージ増加率

計算式の関係で、バフ割合以上にダメージ増加します。
防御より影響度が高いので、おともなどは基本的に攻撃/魔攻を上げていったほうが効果が高いです。

バフ割合ダメージ増減
(※1)
備考
+10%1.17倍
+20%1.36倍
+30%1.56倍アタックホップ・マジックホップなど
+40%1.77倍
+50%1.99倍
+60%2.22倍ホップ×2回
+70%2.46倍
+80%2.71倍
+90%2.97倍ホップ×3回
+100%3.24倍
+120%3.82倍ホップ×4回
+150%4.75倍ホップ×5回
+180%5.75倍ホップ×6回
+200%6.47倍前作上限値(※2)

※1
ダメージ増加の倍率は小数点3位以下切り捨て

※2
バフ上限値は前作のもの
本作ではホップ系スキルの使用回数が減ったため最大値の検証はできず
(本作でも+160%までは上がることは確認)

また、前作はホップ系スキルなしの場合、上限+100%であったが、本作ではホップなし時の上限はなくなったか、上限引き上げが行われている。
(ホップなしで+120%まで上昇することは確認)

防御/魔防バフによるダメージ減少率

計算式の関係上、防御/魔防を上げてもあまりダメージの減少は期待できない。
チーム全体に効果のあるウォールホップならまだしも、個別に防御系のスキル・おともに頼るのはあまり効果的ではない。

バフダメージ増減
(※1)
備考
+10%0.93倍
+20%0.88倍
+30%0.83倍ウォールホップ(ガント)
+40%0.79倍
+50%0.75倍
+60%0.72倍
+70%0.69倍
+80%0.66倍
+90%0.63倍
+100%0.61倍
+150%0.52倍
+200%0.46倍

※1
ダメージ増加の倍率は小数点3位以下切り捨て

防御/魔防デバフによるダメージ増加率

攻撃系に比べ、ダメージへの影響度は少ないです。
中途半端にデバフをしても意味がないので、デバフを使っていくなら効果を重複させて上限値を目指すと良いです。
(上限値の-50%までいけば、アタックホップ&マジックホップに劣らない効果が期待できます)

デバフダメージ増減
(※1)
備考
-10%1.07倍ウォールブレイク&バリアブレイク(ザランダー)
防御力-10%/魔法防御力-10%(アメノウズメDNA)
-20%1.16倍魔法防御力-20%(マグ・アマスRNA)
-30%1.28倍
-40%1.42倍
-50%1.62倍デバフ上限値(※2)
-90%5.01倍チヅルRNA 居合斬り
防御力無視とあるが、実際は-90%で計算される。
スキル倍率1倍なので、実質的にはスキル倍率が約5倍の物理攻撃

※1
ダメージ増加の倍率は小数点3位以下切り捨て

※2
2018/2/14のアップデートにより最大値-50%となる。
(以前の最大値は不明)

・参考
テラバトル2 運営サイト(公式)
「メンテナンス終了のお知らせ 2/14(水) 14:00~18:00」
(→ ■機能改修・不具合修正 → [既存機能の改修] )
http://jp.terrabattle2.com/news_detail.php?article_id=188&page=4

攻撃/魔攻デバフによるダメージ減少率

上限が低いものの、攻撃/魔攻デバフによるダメージ減少量はかなり大きい。
上限値でおよそ1/3までダメージを抑えることができる。

デバフダメージ増減
(※1)
備考
-10%0.83倍攻撃力-10%(アメノウズメ未進化)
-20%0.68倍魔法攻撃力-20%(マグ・アマスRNA)
-30%0.54倍
-40%0.42倍
-50%0.30倍デバフ上限値

※1
ダメージ増加の倍率は小数点3位以下切り捨て





添付ファイル: fileバフ・デバフ.png 14件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-26 (月) 19:23:00 (362d)