初心者向け おすすめ守護者

概要

初心者向けのおすすめ守護者をまとめました。

あくまで初心者向けなので、ドロップで手に入りやすい守護者や、即戦力にしやすい守護者や、前半戦を効率的に進められる守護者を優先的に記載しています。

なので、マスター報酬の強さ等は加味せず、後から手に入らない限定守護者などは強かったとしても記載していません。

また、これ以外にも、装備・おともの組み合わせで強くなったり、特定の場面で活躍できる守護者はたくさんいるので、ゲームに慣れてきたら色々な守護者を使っていくと良いと思います。

おすすめ守護者

特殊スキル持ち

トルマール_icon.pngトルマール(DNA)
スネークアイ(1ターン行動遅延)がボスにも効くので、2体いれば基本的にどんなボスでも完封可能。
さらに、身かわし伝授(物理攻撃を回避・連鎖)や操作時間+2秒もあるので使いやすい。
ただし、トルマール自身の攻撃力は低い。

ズンバ_icon.pngズンバ(DNA/RNA)

「敵入れ替え」と「操作時間+4秒」を持っているので、操作キャラとしてかなり優秀。
「敵入れ替え」によって、通常では動かせない敵を入れ替え移動できるようになるので、様々なクエスト等の難易度が下がる。

スイッテ・ロン_icon.pngスイッテ・ロン(DNA/RNA)
DNAは物理カプセル、RNAは魔法カプセルをそれぞれ持っている。
(カプセル1個につき10%耐性・6ターン有効)
2x2挟みでカプセルを割り続ければ、完全に攻撃をシャットアウトすることも可能。

ロラン_icon.pngロラン(RNA)
獲得経験値15%アップ、操作時間+4秒、ダブルエリアを持っているので、広範囲武器をもたせてメタルゾーンの引率に使うと便利。
操作時間+4秒があるので、その他クエストでも、操作キャラとしても優秀。

物理攻撃

イヅモ_icon.pngイヅモ(未進化)
戦士であるにもかかわらず、攻撃スキルが連鎖でも発動するのが強力。
ボス戦の2x2挟みであれば、一般的なZクラスを超えるダメージ。
しかも、クエストでのドロップ&未進化で使えるので、序盤はかなり重宝する。
また、操作時間+2秒を持っているので、操作キャラとしても悪くない。

ライアーン_icon.pngライアーン(RNA)
Bランクにも関わらず、単体で見れば、Zクラスを抑えて最強の物理ダメージを出せる守護者。
水平斬り(横1列)を持っているので、使うときは横挟みで使うと良い。

ミム_icon.pngミム(RNA)
アミヅキ_icon.pngアミヅキ(RNA)
トマホーク_icon.pngトマホーク(DNA)
アタックホップ(チーム攻撃力30%アップ 1ターン)が強力。
(攻撃力30%アップ≒物理ダメージが約1.56倍 参考→パラメータのバフ・デバフによるダメージ増減率)
対ボス戦で、パワードポイント+2x2挟みで使うとかなりのダメージが出せる。
また、期間限定守護者のムRNAもアタックホップを持っている。

ドリス_icon.pngドリス(DNA)
ケントム_icon.pngケントム(RNA)
オリュウ_icon.pngオリュウ(DNA)
ガンフォード_icon.pngガンフォード(DNA)
物理攻撃の強い魔導戦士たち。
物理重視のチームにする場合、上記の戦士たちと組み合わせて使うと良い。
ドリスDNAは、乱れ撃ち+攻撃力+10%があるので、敵単体に対してであれば、Zクラスに匹敵する物理ダメージ。
ケントムRNA(槍)・オリュウDNA(刀)は、槍(刀)装備ダメージ1.5倍のスキルを持っているので強力。
ガンフォードDNAは、TERAスキル+睡眠エッジを持っているので、一般的なSSクラスより物理ダメージが出せる。

また、これら以外にも、Z魔導戦士(レーナ・リョウマ・ゴードガー ※レーナ以外は期間限定)や、サマサRNA(初期配布)も強力。
今では手に入らないが、サマサRNAは4つの攻撃スキルに加え、両手持ちを持っているので超強力。
操作時間+4秒も持っているので、かなり使い勝手が良い。

魔法攻撃(ダメージ重視)

ウンジシ_icon.pngウンジシ(DNA)
闇守護者闇攻撃1.5倍を持っているので、複数発動できれば、一般的なZクラス魔道士よりも火力が出せる。
また、連鎖内の仲間に対しても、闇攻撃1.5倍の効果があるので、闇属性の魔導戦士とセットで使うとかなり強力。

イヅモ_icon.pngイヅモ(RNA)
クナイ・ランペイジ(闇攻撃・ランダム6回)は、対象がランダムだが、敵が1体の場合、1体に対して6回攻撃になるので、Zクラスに匹敵するダメージが出せる。
さらに、上記のウンジシDNAと連鎖することにより、イヅモRNAの闇攻撃も1.5倍となるので、かなり強力。
しかも、操作時間+4秒を持っており、操作キャラにも適している。

レオン_icon.pngレオン(RNA)
TERAスキル+魔法ダメージ1.5倍により、単体での魔法火力はトップクラス。
MEGA&GIGAスキルの範囲に隅4がついているので、ザコ殲滅力も高い。

リュウジン_icon.pngリュウジン(RNA)
MEGA~TERAスキルに加えて、氷攻撃20%アップ(連鎖)・魔攻+10%を持っているので、ドロップ守護者にもかかわらず、なかなかの火力を持っている。
単体でも魔法火力はレオンRNAに負けるが、氷攻撃20%アップ(連鎖)を持っているので、氷魔道士とセットで使えれば、トータルダメージはかなり高くなる。

メモラル_icon.pngメモラル(RNA)
水精の呪い(氷ダメージ耐性-20%)によって、チーム全体の氷ダメージを底上げすることができる。
上記、レオンRNA・リュウジンRNAも氷属性なので、組み合わせて使うと相乗効果でかなり強い。

チロル_icon.pngチロル(未進化/RNA)
マジックホップ(チーム魔攻30%アップ 1ターン)が強力。
(魔攻30%アップ≒魔法ダメージが約1.56倍 参考→パラメータのバフ・デバフによるダメージ増減率)
対ボス戦で、パワードポイント+2x2挟みで使うとかなりのダメージが出せる。
未進化状態でもマジックホップが使えるので、序盤で進化素材が不足している場合は、他の守護者を優先的に進化させると良い。
また、期間限定守護者であるが、ロロ(未進化)ミゼル(DNA)も利用可能。

・その他
Z魔道士・魔導戦士は軒並み高火力。
攻撃力を重視するのであれば、基本的に。PETAスキル(ビッグバン・ネガテンプ等)をもっている方に進化させると良い。
(それぞれのスキル詳細は各守護者の詳細ページを参照)
ZクラスはLV上げが大変なので、序盤は注意。

魔法攻撃(範囲重視)

ルン_icon.pngルン(RNA)
ケン_icon.pngケン(RNA)
リボル_icon.pngリボル(RNA)
魔法攻撃の範囲が挟み+4隅&ダブルエリアを持っているので、対ザコ戦でかなり重宝するので、もっていればどれか1体は育成しておきたい。
さらに、ルン(RNA)は、装備能力1.2倍をもっており、すべての能力値が上昇するので、かなり強い。

期間限定守護者では、ミゼルDNAサユDNA/RNAゼロDNAが使いやすい。
(サユDNAは4隅はないものの縦3列と横3列をもつ、ミゼルDNA・ゼロDNAは4隅を持つ上にPETAスキルも持っているのでかなり便利)

交渉系

ジャーゴス_icon.pngジャーゴス(未/RNA)
ジョディ_icon.pngジョディ(未/RNA)
マダム・ランポ_icon.pngマダム・ランポ(DNA)
ペギ_icon.pngペギ(RNA)
モンスタードロップ率の上昇する交渉系スキルをもつ守護者たち。
・ネゴシエーション(ジャーゴスRNA)=ドロップ率12倍
・交渉上手(ジョディRNA/マダム・ランポDNA)=ドロップ率6倍
・交渉(その他)=ドロップ率1.5倍

ヒーラー

ルゥ_icon.pngルゥ(RNA)
最強ヒーラー。
ルゥRNAさえ育てておけば、基本的に他のヒーラーは不要。
全体ヒール・状態異常耐性+30%で、HP回復&状態異常対策が完璧にこなせる上に、操作時間+4秒で操作キャラもこなせる。

ロートス_icon.pngロートス(RNA)
ハルヒカリ_icon.pngハルヒカリ(RNA)
エリザベス_icon.pngエリザベス(RNA)
シャルルル_icon.pngシャルルル(RNA)
全体ヒール持ち。
全体ヒールであれば、連鎖に加わっていないキャラの回復させることができるので、便利。
ただし、エリザベスRNA・シャルルルRNAはSランクで手に入れやすいものの、発動率10%なので注意。

チーム発動率アップ

チェルサ_icon.pngチェルサ(RNA)
ケントム_icon.pngケントム(DNA)
ジロー_icon.pngジロー(DNA)
チーム全体のスキル発動率+50%なので、序盤はかなり重宝するので、最優先で進化させたい。
ジローはSクラスなので、意志の契約書からも出やすいので、無課金でも手に入れやすい。

ドロップ守護者

上記おすすめの守護者には劣るが、ドロップで簡単に手に入り、序盤であれば十分に主力が務まる守護者たち。

キングバクロウ_icon.pngキングバクロウ
2章スタート時に3体出現するので、仲間にしやすい。
攻撃力は低めだが、癒やしの羽音(ヒール・周囲2)と、魔攻+10%(連鎖)があるのでかなり便利。
チーム編成次第では、上級クエスト等でも十分活躍可能。

リヴァイアサン_icon.pngリヴァイアサン
進化できないものの、MEGAx2+GIGA+魔攻+20%なので、簡単に手に入る割にはまあまあの攻撃力。
また、降臨クエスト「イヅモ」で、氷漬けが効くので、とりあえず4~5体揃えて、未進化でも強いイヅモを集めるのにも役に立つ。
氷漬けは発動率100%なので、SBを上げなくても使える。
さらに氷漬けの成功率が30%なので、4~5体いればほぼ確実に氷漬け状態にすることができる。
(ただし、変わり身の術で、端に移動してしまい挟み攻撃ができなくなってしまうこともある)

アジシ_icon.pngアジシ(未進化/DNA/RNA)
クエストが簡単&低スタミナなので集めやすい。
全体ヒーラーがいないor未育成の場合につなぎとして使えるヒーラー
DNAであれば、連鎖ヒール・周囲2ヒールと、操作時間+2秒を持っているので使いやすい。
また、ヒーラーが充実してきた場合には、RNAに進化させれば、SSクラスに匹敵する強さを持った風魔道士としても使っていけるので、育成したのが無駄にならないのも良い。
(DNAに進化したあとで、RNAに切り替える場合、LV据え置きで、必要素材も少なくて済む)

低ランク守護者

上記おすすめの守護者には劣るが、低ランクなのでガチャで出やすく、またSクラス以上に比べて、進化素材が少なくても済むので、戦力も揃えやすい。

ムクンバ_icon.pngムクンバ(DNA/RNA)
攻撃スキルはそこまで強くないが、DNAはレベル5&3デス、RNAはレベル4デスを持っている。
リッチイベント(超級クエスト)の高難易度クエストをはじめ、各種デスが使えるクエストが結構あるので、1体は育てておいても損はない。

バットラー_icon.pngバットラー(RNA)
オップル_icon.pngオップル(DNA)
クルネロ_icon.pngクルネロ(DNA)
強力な魔法スキルや魔攻アップにより、Z魔道士に匹敵するダメージが出せる低ランク守護者たち。

スカーレット_icon.pngスカーレット(RNA)
炎攻撃20%アップ(全体)が強力なので、Z・SSの炎系守護者とセットで使うとかなりの炎ダメージが出せる。
スカーレットRNA単体で見ても、S~SSクラスくらいの火力は出せる。

シャックリノ_icon.pngシャックリノ(DNA)
土攻撃1.5倍(自己)を持っている。
複数発動することで、効果は重複していくので、ボス戦で2x2挟みをしている状態であれば、Z・SSに匹敵する土ダメージが出せる。

ユリユリ_icon.pngユリユリ(DNA/RNA)
コイク_icon.pngコイク(DNA)
ビビ・ラミア_icon.pngビビ・ラミア(RNA)
攻撃力はそこまで高くないが、それぞれサポートスキルが有用な守護者たち。
・ユリユリDNA:呪法の舞(攻撃&魔攻+10%・周囲1)・浄化の舞(ステータス異常解除・周囲1)
・ユリユリRNA:癒やしの舞(ヒール・周囲1)
・コイクDNA:乙女の哀愁歌(チャーム・周囲2)、癒やしの調べ(ヒール・周囲2)
・ビビ・ラミアRNA:鼓舞の歌(攻撃力+10%&魔攻+10%・周囲1)

チーム編成例

おすすめ守護者を中心にしたチーム編成例です。
基本的には、戦士x2+魔導戦士x1+魔道士x1+ヒーラーにしておき、慣れてきたらクエストごとに他の編成も使うようにすれば良いです。

チーム編成時のポイントなどは、以下参照
チーム編成

挟み攻撃をする際には、戦士能力によるバフがかかるので、戦士同士で挟むのが基本です。
また、魔導戦士と連鎖をすると、連鎖したジョブ数によりダメージが上昇するので、強い武器・守護者を装備したキャラをできるだけ、魔導戦士と連鎖させるとチーム全体のダメージが上昇します。
ジョブ能力によるバフ等については、以下参照
守護者のジョブ

バランス

ライアーン(RNA)
ミム(RNA)
ズンバ(DNA/RNA)
レオン(RNA)
ルン(RNA)
ルゥ(RNA)

戦士2体・魔導戦士(操作キャラ)・魔導戦士(魔法火力)・魔道士(範囲重視)・ヒーラーのバランスチーム。
各守護者は一例なので、手持ちで同じ役割ができる守護者を当てはめていけば良い。

ドロップ守護者のみ(闇&バランス)

イヅモ(未進化)
イヅモ(未進化)
イヅモ(RNA)
イヅモ(RNA)
ウンジシ(DNA)
アジシ(DNA)

すべてドロップ守護者だが、かなり火力のあるチーム。
イヅモ(RNA)は、杖を装備して魔攻重視にするのがおすすめ。
杖の手持ちが少ない場合、イヅモ(RNA)に魔攻の高い杖を、ウンジシ(DNA)に範囲の広い杖を装備するのが良い。

手持ちがあれば、以下のように変えれば更に強力
・イヅモ(未進化)→ライアーンやアタックホップ持ちに。
・アジシ(DNA)→ルゥや全体ヒール持ち

ドロップ守護者のみ(氷&バランス)

イヅモ(未進化)
イヅモ(未進化)
リュウジン(RNA)
メモラル(RNA)
リヴァイアサン
アジシ(DNA)

ドロップ守護者の氷チーム。
イヅモ(RNA)は、杖を装備して魔攻重視にするのがおすすめ。
杖の手持ちが少ない場合、イヅモ(RNA)に魔攻の高い杖を、ウンジシ(DNA)に範囲の広い杖を装備するのが良い。

手持ちがあれば、以下のように変えるのも良い。
・リヴァイアサン→氷魔道士(ツツラジョディ天演のジョディ、[マグ・アマス]]、ペギなど)
・リュウジンRNA→シンRNA(氷攻撃30%アップ 連鎖)レオンRNA(魔法ダメージ1.5倍)、[[バットラー(TERAスキル&魔攻+20%)]]
・イヅモ(未進化)x2体→リヴァイアサンx2体(計3体) 氷漬け&氷特化チーム
(闇ドロップチームと同じく、ライアーンやルゥ、全体ヒール持ちを入れても強くなる)

ボス完封

トルマール(DNA)
トルマール(DNA)
スイッテ・ロン(RNA)
ルゥ(DNA)
・他2体

トルマール2体のスネークアイ(行動1ターン遅延)でボスを完封するチーム。
スネークアイが効かなかったとしても、トルマールの身かわし伝授(物理回避率アップ・連鎖)、スイッテ・ロンRNAの魔法カプセル、ルゥDNAの状態異常耐性で、敵のほぼすべての攻撃を無効化できる。
残りの枠には、チーム発動率アップや、ザコ殲滅用の守護者、ボス用の高火力守護者などを入れると良い。





トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-06-27 (水) 16:28:00 (269d)